しわやたるみについて

年齢を重ねても若々しいままのお肌でいたいという人は、しみやたるみ対策のケアが必須です。今までなかった場所に、しわやたるみができているということがあります。若い頃の顔立ちとくらべると、しみやたるみが増えた分、年をとって見えるようになったと感じる方もいます。顔は目立つところですが、まぶたのハリがなくなってきて落ち窪んでくると、とても疲れたような印象になります。年をとって見える要因は幾つかありますが、特に皮膚のたるみが増えて、顎の鋭角さが失われると老け顔になります。外見の印象は、しわやたるみが増えて顔のラインが変わることで、大幅に年をとったように見えます。強い紫外線を浴びたり、食事の内容が偏っていると、皮膚の弾力が減ってしまうことがあります。お肌に紫外線を照射されると、メラニン色素が生成されて日焼けが起きるだけでなく、肌の保湿力が失われて乾燥しやすくなったり、ヒアルロン酸量が減少してしまいます。頭から顔へとつながっている皮膚の血液を巡りやすくするために、マッサージして血行を良くし、皮膚の状態を改善するというアプローチもあります。しわの種類にはいくつかあり、眉間やおでこの横じわ、目じりの笑いじわなどがあります。ちりめんじわは不健康な生活習慣によって起きるものであり、表情のクセによってほうれい線のしわもできます。毎日肌のお手入れをして、肌にいい食材を食べ、適度な運動をして、ストレスの蓄積しない生活をすることが、しみやたるみを解消するためには重要なことといえます。http://xn--mjq4io73bmmhmnistcb1xsr6aw7f.biz/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする