自己破産をした後に金融機関で融資を受けられる可能性

自己破産をしてしまった人は金融機関で融資を受けることは可能なのでしょうか。借りていたお金の返済が困難になり、自己破産をしたことがある人でも、新規のローンを組みたくなるということがあるでしょう。キャッシング融資の申込みをする人の中には、そういうことを気にかける人もいます。いくつかの条件をクリアしていれば、自己破産歴がある人でも、新規の融資は受けられるようです。自己破産した後の5年間は、ブラック登録されているので、その間の借入れはかなり難しいと考えなければなりません。一般的には5年がボーダーラインですが、銀行は自己破産から10年を境界線にしているようです。銀行との取引が可能になるのは、免責が下りてから10年経って後のこととなります。基準とする年数は大体ありますが、自己破産をした時に利用していた金融機関については、社内ブラック扱いとして、審査では不利になってしまう可能性が高いと言われています。自己破産歴があると、何年たっていても、融資はしないという金融会社もあります。そのため、万全を期すには、利用歴のないキャッシング会社に申込みをすることです。収入がなければブラックの記録が消えていたとしても、融資は不可能ですので気をつけましょう。金融機関は、状況に応じて判断している部分もありますので、自己破産歴がある人でも、最終的には融資OKになる場合もあります。
瀬戸内海産の牡蠣から作られた牡蠣エキスサプリです

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする